色素沈着が原因でできる茶クマ!おすすめの消し方は?

目の下の茶色くくすんだ「茶クマ」。かさかさと乾燥して、顔色も悪く見えて気になりますよね。こんなにっくき茶クマを、キレイに消す方法はあるのでしょうか?

茶クマの特徴をおさらいしたうえで、茶クマを消すおすすめの方法をご紹介します。

 

茶クマの特徴

 

目の下のクマにはいろいろな種類がありますが、その中でも茶クマは、「色素沈着」が原因で肌に色味がついているタイプのクマです。そんな茶クマには、次のような特徴があるんです。

 

 

メラニン色素の活性化が原因で出来ている色素沈着である

茶クマの正体は、メラニン色素の活性化が原因で出来る「色素沈着」です。わかりやすく言うと「日焼け」「シミ」などと同じ仲間ですね。

メラニン色素というのは女性ならご存知だと思いますが、肌にある黒い色味をもつ色素の事です。肌への刺激や外部ストレス、紫外線などが原因でこのメラニン色素が活性化されると、お肌が茶色い色味を帯びるようになってしまいます。

このような色素沈着が原因で出来る茶クマには、大きく分けて「表皮」で出来ているものと「真皮」で出来ているものがあります。

 

 

表皮で出来ている茶クマの原因と対策法

表皮で出来ている茶クマの原因は、紫外線はもちろん、メイク汚れ・アトピー性皮膚炎・花粉症やコンタクトによる目のかゆみや刺激などが挙げられます。このような外部ストレスによって一時的にメラニン色素が活性化され、色素が沈着している状態が「茶クマ」なんです。このような表皮の茶クマの場合、専用のアイクリームでたっぷりの保湿を行い、日焼け止めや目薬で新たな外部刺激を防ぐことで、古い角質のターンオーバーを促せば、徐々に色味を和らげることが可能です。

 

 

真皮で出来ている茶クマの原因と対策法

一方で、真皮で出来ている茶クマの場合。真皮は表皮よりもさらに深い部分にあり、基本的にはターンオーバーによる生まれ変わりが行われていない場所です。そのため、自宅でのスキンケア程度では対応することが出来ません。原因は表皮の場合と同じく紫外線や化粧かぶれなどの外部ストレスで出来ることもあれば、遺伝が原因となって出来ている“遅発性両側性太田母斑様色素斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)”という「アザ」の可能性もあります。

表皮の茶クマとの見分け方は、表面にかさかさと色味がついているのではなく、肌の奥に青みと茶色みが入り混じったようなあざが、目の下を中心におでこや頬、小鼻にも出ているかどうか。もしこのような深刻な茶クマのある場合は、放置せず皮膚科を受診して、まずは専門医の指示をいただくことが大切です。

 

茶クマを消すおすすめの方法

それでは、茶クマを消すためにはどのような対策をとっていけば良いのでしょうか?

刺激を防ぐ「クレンジング」、保湿を促す「アイクリーム」、見た目を改善する「コンシーラー」の3点から、茶クマの対策法をご紹介します。

コンシーラーは真皮で出来た茶クマの方にも応用できますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

クレンジング

まずは正しいクレンジングの方法を知っておきましょう。目の下の皮膚はとっても薄くデリケートな部分。そのため、アイメイクを落とす際にクレンジングのやり方を間違えると、さらに皮膚に刺激を与えてしまい、茶クマを悪化させる原因にもなるのです。

 

クレンジングを行う場合、まずは範囲の広いTゾーン・Uゾーンから先にオイルをなじませましょう。オイルが肌に馴染んで感触が軽くなったら、目の周りに優しくさっとなじませるようにします。刺激を与えないようにするためには、軽い力でさっとすべらせるように、短時間でおこなうのがポイントです。

しっかり目の濃いアイメイクがお好きな方は、より短時間でしっかりと落とせるアイメイク専用のリムーバーを使うのも良いでしょう。その際にもこすり過ぎると刺激になりますので、やはり「軽く」「短時間で」というポイントは変わりません。

使用するクレンジングの種類も、コットンタイプよりもオイルタイプ、オイルタイプよりもクリームタイプやジェルタイプなど、馴染みやすく、洗い流しやすいものを選ぶようにするとより肌への刺激を減らすことが出来ますよ。クリームタイプなら保湿成分も入っていますので、より肌に優しくメイクを落とすことが可能です。

アイクリーム

続いてはアイクリームのご紹介です。茶クマのような目元のお肌トラブルが気になる場合、やはり目の周り専用のアイクリームをひとつは持っておきたいもの。密着感があり有効成分が豊富なので、一般的な美容液のみを使用するよりも確実に効果を実感することができますよ。

アイクリームを選ぶポイントは、「有効成分が豊富に入っているかどうか」です。特にエイジングケア効果のあるコラーゲンやエラスチン、ビタミンC誘導体やレチノールなどの成分が入っているかをきちんとチェックしましょう。ピンポイントで効果を期待して取り入れるものなので、アイクリームは「お得さ」よりも多少高価でも「成分の良さ」を重視して選びたいものです。1回の使用量も少量なので、リッチなお値段のものでも長く使用でき、結果的にはお得に感じられますよ。

使用感には好みがありますが、ジェルタイプよりもクリームタイプの方が、よりぴたっと肌に密着してくれるので効果を実感しやすいでしょう。水分量が多いと肌に浸透させるのに時間がかかるため、目の周りを触り過ぎて新たな刺激を与えることにもつながりかねません。その点クリームタイプなら、さーっと伸ばすだけで密着させられるので、刺激も少なく時短にもなります。

アイクリームの使い方は、夜メイクを落として洗顔を終えた清潔な目元に、正しい1回量をさっと優しく伸ばすのが基本です。いくら高価なアイクリームを使用していても、メイク残りがあると意味がありませんので、1つ目のポイントを元にしっかりとクレンジングを行いましょう。また、量をケチって減らしてしまうと満足な結果が得られませんので、正しい使用量を守ることも大切です。目元に負担をかけないためにも、軽い力でさっと伸ばすようにしましょう。アイクリームを塗った上からアイマスクや温熱パックなどを当てて浸透させてあげても気持ちが良いですよ。

コンシーラー

最後にご紹介するのは、コンシーラーです。茶クマが解消されるまでのあいだも、毎日メイクはしますよね。クマが気になるからと言って、人に会わないわけにはいきません。ですので、少しでも茶クマを気にせずにいられるベースメイクの方法をマスターしておきましょう。

茶クマを目立たなくさせるためには、イエローやオレンジなど黄みを帯びたコンシーラーを使用するようにしましょう。色の効果で茶色くくすんだクマの部分が明るく見え、ぱぁっと顔色が華やぐのを実感できるはずです。目の下が明るくなれば、瞳にも輝きが入り目力をアップさせることも可能です。

また、茶クマは刺激による色素沈着が原因で出来ていますので、コンシーラーを選ぶときもやはり「刺激を防ぐ」ことがなによりも大切です。伸ばしたりたたき込んだりする必要のある固いコンシーラーは、密着感がある反面刺激も起こりやすいので要注意。茶クマの方は、肌に伸ばしやすい筆タイプのリキッドコンシーラーの使用をおすすめします。

また、紫外線を浴びてかさかさと乾燥しやすい状態になっている茶クマ。保湿成分の入ったしっとりタイプのコンシーラーを選べば、日中もカサつきしらずのしっとりとした目元でいられますよ。

コンシーラーの使い方が上達すれば、今以上にメイク映えして外出ももっと楽しくなるはず。アイクリームの効果が出るまでの間も茶クマのコンプレックスを忘れることが出来るので、ぜひいろいろな種類のコンシーラーを試して自分の顔色に合うものを探してみてくださいね。

 

まとめ

仕事に家事にと忙しい女性の場合、顔全体のスキンケアだけでは目元のトラブルまではなかなかカバーすることが出来ません。特にパソコンやスマホで目を酷使する方や、花粉やアレルギー症状に悩んでいる方の場合、「年々茶クマが悪化して、もう手に負えない……。」という方も多くいらっしゃると思います。

けれど、歳とともにひどくなるクマを加齢と割り切ってしまうのはとってももったいないのです。きちんとアイクリームやコンシーラーで手をかければ、今からでもクマ知らずの潤った目元を取り戻すことは十分可能ですよ。

「刺激を減らす」「保湿を行う」「日焼けを防ぐ」この3つのキーワードを意識して、茶クマ対策に取り組んでみましょう。数か月続けていけば、朝のメイクタイムでの顔色の変化に気づけるようになるはずです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*