目元にクマができる原因は?対策方法を紹介

メイクをしても隠し切れない目元のクマ。クマがあるだけでなんだかお疲れ顔に見えたり、老けたように見えるから悲しいですよね。そんなやっかいな目元のクマに、いくつか種類があるというのをご存知ですか?種類ごとの対策方法を知っておかないと、クマを余計に悪化させてしまう事にもなるんですよ。
今回は、目元のクマの種類とクマが出来る原因、種類別の対策方法をご紹介していきます。

目の下のクマの種類と見分け方

目の下のクマには大きく分けて、3つの種類があります。

・茶クマ
・青クマ
・黒クマ

クマに種類があることを聞いたことはあっても、実際にご自分のクマはどの種類なのかはっきりとわかっていない方も多いのではないでしょうか?
けれど、クマは種類によって原因も対策法も全く異なりますので、まずはきちんと見分けておくことが解消への第一歩へとつながります。
ここではまずクマの種類の見分け方をご紹介しますので、鏡を片手にご自分のクマの種類をチェックしてみましょう。

 

茶クマ

まずは茶クマです。茶クマが出来ると、目の下が乾燥し、茶色くくすんだように見えてしまいます。

見分け方として、皮膚自体に色味がついていますので、目元を引っ張ってみてもクマの色が変わらないのが特徴です。傾向としては、日焼けした際に皮膚が赤くなりやすい方は特に茶クマが出来やすいと言われています。

青クマ

続いては青クマです。目の下が青っぽく血色悪く、お疲れ顔に見えてしまいます。

見分け方は、茶クマとは異なり目の下の皮膚を引っ張ったときに、色が薄くなるのは青クマです。特に色白の方は青クマが出来やすいと言われています。

黒クマ

さいごにご紹介するのは黒クマです。目の下がくぼんで暗く影になったように見えます。

見分け方は、鏡でクマの部分を見ながら上を向くと、クマが薄くなるのが特徴です。目鼻立ちがはっきりとした方には特に黒クマが出来やすいと言われています。

 

種類別目の下のクマができる原因と対策

それでは、どうしてこのようなさまざまな種類のクマが出来てしまうのでしょうか?実は、この3種類のクマはそれぞれ出来る原因も対策法も全く異なります。
クマの種類ごとの原因を知って、正しい対策法を身につけましょう。

茶クマができる原因と対策

ぼんやりと広い範囲でくすみの気になる「茶クマ」は、日焼け肌で注目されることの多いメラニン色素の活性化が原因です。紫外線の影響や、アレルギーで目をかいた時の刺激などで一時的にメラニン色素が活性化され、目の下に色素が沈着して皮膚が茶色くなってしまうのです。そのほかにもメイクを落とさず寝てしまったり、お肌が乾燥していたりといった外的要因での肌ダメージも、茶クマの原因となるので十分に気をつけましょう。

肌自体に色味が付いているので、引っ張ったからといって色が薄くなることはありません。また、日焼け後に赤くなりやすい方はメラニン色素の反応が盛んなため、茶クマが起こりやすいのです。

茶クマの対策としては、原因となる肌ストレスを取り除くことが大切です。メラニン色素を活性化させる一番の要因は紫外線ですから、まずは紫外線をしっかり防いで、新たな茶クマの発生を予防しましょう。
肌に優しい低刺激の日焼け止めを、目元までしっかりと塗ってから外出するのが基本です。最近は圧迫感の少ないジェルタイプの日焼け止めも出ていますので、使い心地の良いものを探してみてくださいね。

また、目を掻きむしってしまうと刺激により新たな茶クマが発生してしまいます。アレルギーの時期には花粉眼鏡を使用したり、目薬を使ってかゆみを抑えるなど、目をかかないような努力を続けましょう。一時的にコンタクトレンズを控えて眼鏡にするのも効果的です。

すでに出来てしまった茶クマは、保湿と美白で対処しましょう。お肌の生まれ変わりを促進させるためには保湿がなにより大切ですので、目元専用の美容液やパックでしっかりと水分を与えてあげることが重要です。メラニンの活動を抑える美白成分の入った美容液ならなお良いですね。そのほかにも、美白に効果的なビタミンC誘導体や、お肌にしっかりと栄養を与え酸化を防ぐエイジングケア用品を取り入れるのも賢い選択です。

メラニンが沈着して硬くなった角質を取り除くためにピーリングを使用する方もいますが、目の周りは皮膚が非常に薄い部分。過度なピーリングは逆に刺激を与える要因にもなりますので、注意しましょう。

青クマができる原因と対策

それでは、青クマはどうでしょうか。顔色が悪く見える原因となる「青クマ」は、目元の血行不良が元となり発生しています。目の下の血管がうっ血し、皮膚の下の静脈の色が透けて見えるのが青みの理由なのです。

目元の血行が悪くなる原因として多いのは、睡眠不足やパソコン・スマホによる目の疲労です。もちろん、喫煙や冷えからも血行は悪くなります。ホルモンバランスや自律神経が乱れた時にも青クマが出来やすくなります。さらに女性の場合は特に、月経周期にも影響されると言われています。

では、青クマを解消するにはどうすれば良いのでしょうか?原因が血行不良なので、目元の血行が良くなるように働きかけてあげることが一番大切です。
冷やすのではなく温めること、目を休めて筋肉の緊張を解くことを意識して行いましょう。温めたアイピローなどを休憩中に使用すると良いですね。

ツボ押しやマッサージを行ったり、いつもよりゆったりとお風呂につかるのも効果的です。もちろん運動して汗を流せば、全身の血流が良くなり目元も温まります。

血流を改善する食べ物を食べるのも効果的です。血をサラサラにしてくれる栄養素を含む納豆や青魚、玉ねぎなどを意識して食べるようにしましょう。身体を温める作用をもつショウガやコショウなどスパイス類を料理に取り入れるのもオススメです。冷えから身体を守ることで、青クマは自然と解消されていくでしょう。

スキンケアで手を打ちたい場合には、セラミドやビタミンEなど抗酸化力の高いスキンケア用品を選びましょう。お肌のサビつきを防ぎ若々しさを取り戻してくれるので、内側からしっかりと潤ったクマ知らずの目元を手に入れることが出来ます。

黒クマができる原因と対策

どんよりと暗い表情に見える元となる黒クマの正体は、実は目のくぼみに映った影です。ですので、目を上に向けるようにすると光が当たり、消えて見えることが多いのです。
目鼻立ちがくっきりとして目の下にくぼみがある方も出来やすいですし、加齢により目の下の脂肪が少なくなり、へこみが出来た場合にも起きやすくなります。

黒クマは骨格の問題なので、いったん出来てしまうと生活習慣やスキンケアだけではなかなか改善が難しいやっかいなクマです。どうしても気になる……という方は、美容を専門に扱う整形外科やクリニックを訪ねてみましょう。

また、加齢によるしわやたるみを予防することで、今以上黒クマがひどくなるのを抑えることは可能です。たるみに特化したエイジングケア成分の入った目元美容液やパックを使用して、ぴんと張りのある目元をキープするように心がけてください。
有効な成分としては、張りのある肌を作り出すためのコラーゲンや、抗酸化力の高いアンチエイジングに有効なビタミンCやレチノールなど。これらはエイジングケア美容液にはよく含まれている成分ですので、気になる美容液があれば成分表をチェックしてみましょう。

たるみを予防するためには、ツボ押しやエクササイズで顔の筋肉を鍛えるのも効果的です。最近あまり笑っていないし、パソコンやスマホの使用で顔が固まりがち……という方は、「ビデオを見て思いっきり笑ってみる」「目をぎゅっと閉じたり開いたりのエクササイズを行ってみる」などを意識して行ってみるとよいでしょう。

自分のクマのタイプにあったケアを行おう!

このように、一言で「クマ」と言っても、いろいろな種類と原因があること、原因によって対策の方法も異なることがわかりました。
まずはご自分のクマが「茶クマ」「青クマ」「黒クマ」のどれに当てはまるのかはチェックできましたか?心当たりのある原因をひとつずつ取り除いて、クマ改善になるようなスキンケア用品を取り入れてみましょう。

クマは、なにかひとつのきっかけで急に出来るものではありません。普段の生活習慣が原因で徐々に積み重なって出来てしまう場合がほとんどです。
そのため、対策をとっても改善にも時間がかかり、はじめは結果が見えずもどかしいかもしれません。けれど、継続することで確実にクマの出来にくい美肌に近づくことが出来ますよ。まずは簡単なものから取り入れてみてくださいね。

参考サイト : アイクリームのおすすめランキング!目元のたるみやシワ予防には?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*