目の下の黒いクマはくぼみや膨らみのせい?改善方法はあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の下のくぼみや膨らみのせいで黒いクマが…改善方法はある?

気になる目の下の黒いクマ。どんより影のようになって顔色悪く見えるのに、メイクでもなかなか隠せなくてとってもやっかいですよね。
そんな黒クマ、実は人によって2つのタイプに分けられるんです。同じ黒クマでもタイプによっては解消法もかわってくるので、自分がまずはどちらのタイプかしっかりと把握しておきましょう。
今回は、2つの黒クマの見分け方とクマになる原因と解消法を詳しくお伝えいたします。

黒クマには2種類のタイプがある

まずは、黒クマの正体についてご説明します。黒クマの種類は、大きく分けるとこちらの2種類があります。
黒クマの原因によって原因と対処法も異なりますので、まずは自分のクマのタイプをしっかりと把握しておくことが大切です。

・膨らみによる影タイプ
・くぼみによる影タイプ

似ているようで違うこの2つのクマ。見分け方のポイントを知って、効果的にお手入れを進めていきましょう。

膨らみによる影タイプ

まずは、「膨らみによる影タイプの黒クマ」です。
目の下の涙袋の下に、さらに2重になったように膨らみがあるのが特徴です。
膨らみが原因で出来ているクマなので、ボールペンなどで膨らみを押してみてその下の黒クマが消えて見えるのであれば、膨らみが原因で出来ていると判断できます。

くぼみによる影タイプ

もうひとつの「くぼみによる影タイプの黒クマ」は、目の下のくぼみが原因でくぼんだ部分が影になって見える黒クマのことです。
くぼんだところが影になるのが原因のクマなので、天井を向いてくぼみに照明の光を当てるようにするとクマが消えて見えるのが特徴です。

ふくらみとくぼみ、あなたはどちらのタイプの黒クマですか? どちらも「影」が原因で黒く見えているだけなので、お肌自体が黒ずんでいるわけではありません。影が出来る原因を解消すれば、元のような明るい目元を取り戻すことが出来ますよ。
次の項目では、気になる黒クマの原因と対処法について学んでいきましょう。

黒クマができる2つの原因

膨らみタイプの黒クマは「眼窩脂肪」の突出が原因

膨らみによる影タイプの黒クマは、目の涙袋の下にある「眼窩脂肪」が突出することによって、その下に涙袋と眼窩脂肪の2重の影がついたように見えるのが原因で出来ています。
目の下に膨らみが出来るのは代表的な年齢肌の現れ方で、年配の女性を想像してみると、涙袋・眼窩脂肪・ほうれい線と3つの深いしわが刻まれている女性が容易に思い浮かぶのではないでしょうか?

眼窩脂肪は通常は突出することなく頬にかけてなめらかに収まっていますが、加齢による皮膚のたるみや、目の周りの皮膚を支える眼輪筋の筋力低下が引き金となって、抑えとなっている皮膚がたるんで涙袋と同じようにぷくっと前に飛び出してきてしまうのです。
年配の女性に多い皮膚症状とはいえ、早い人だと20代から眼窩脂肪の突出は始まるので日頃からエイジングケアに取り組む姿勢が大切です。

このような膨らみタイプの黒クマの原因は、紫外線や乾燥による皮膚ダメージ。また、スマホやパソコンを長時間使用するなどの日常生活による目のまわりの筋肉の働きの衰えも、皮膚のたるみにつながります。1日の終わりにメイクを落とさず寝てしまう方は、蓄積されたメイク汚れの重みで皮膚がたるむこともあるのだとか。
このように、さまざまな要因が積み重なって、やがて目の下のたるみと黒クマという形で肌に老化が表れてしまうのです。

くぼみタイプの黒クマは目の下の皮膚のたるみが原因

くぼみタイプの黒クマは、目の下の皮膚全体のハリがなくなってくぼんでしまうのが原因です。

通常皮膚の構造は、コラーゲン繊維とエラスチン繊維が網の目のように重なり合って、ふっくらとした弾力を保っています。

これが加齢や乾燥、紫外線などのストレスがかかることによって肌の繊維質が不足し、ぺたんとしぼんだようになってしまうのです。ハリと潤いが失われている状態なので、黒クマだけでなく小じわも目立つ状態に。

また、繊維だけでなく、肌の中で水分を保つ働きを持つヒアルロン酸の不足も原因のひとつだと考えられています。スキンケアで肌にふっくらとしたハリを取り戻すことで、くぼみタイプの黒クマを解消していきましょう。

黒クマの解消法

黒クマを解消するには

  1. アイクリーム
  2. 目の周りを鍛えてリフトアップ
  3. マッサージ

などの方法がありますが、特におすすめなのは効果を実感しやすいアイクリームです。

目の周りのリフトアップやマッサージも効果的ですが、忙しい毎日の中で毎日ゆっくり時間を取るのは難しいですよね。

アイクリームなら毎日ちょっとの時間で、目元のハリを取り戻しつつ、目の下の黒いクマの解消が期待できます。

アイクリームなどの化粧品コスメで肌のたるみをスキンケア

ハリが失われ、しぼんだ肌が原因で出来ているくぼみタイプの黒クマ。ふたたびお肌にハリを取り戻すために、コラーゲンやヒアルロン酸の含まれた保湿力重視のスキンケアを念入りに行いましょう。

軽い力で目元に浸透する専用のアイクリームを使うのもおすすめです。特に近年はFGF(線維芽細胞増殖因子)配合のコスメは注目され商品数も増えてきていますので、口コミをもとに自分にあったコスメを選んでみましょう。

目元に潤いを与えることで、目元の皮膚をふっくらとさせ、黒クマのたるみを解消・予防することができます。

ただし、皮膚の張りや筋力を取り戻すためには「塗った翌日すぐに効果を実感」という訳にはいきません。数か月かかるつもりで腰を据えて、毎日根気強くケアに取り組んでいきましょう。

肌のハリを取り戻すために活用したいのがこれらのアイクリームです。

アイキララ

アイキララ

MGA(グリセリルアスコルビン酸)という美白成分であるビタミンC誘導体を配合しているので、メラニン生成抑制効果や保湿効果があり、目の周りを明るくしてくれます。

また、MGAはコラーゲン生成をサポートするので、痩せた目元をしっとり潤わせ、ふっくらとハリ感が出てきます。

アイキララでスポットライトを当てたような明るい目元を取り戻しましょう。

衰えた眼輪筋を鍛えて目の周りをリフトアップ

まずは、衰えた眼輪筋を鍛えて目の周りをリフトアップさせましょう。よく笑う・人と接して表情を豊かに保つなどの工夫で顔の筋肉を日ごろからしっかりと動かすことが大切です。

自宅で出来るトレーニングでは、「目をつぶり、顔全体をを顔の中央に向けてぎゅーっと力を入れるように寄せる」「目と口を大きく開いて眉を上に持ち上げる」の2つの動きを交互に行うことによって、顔の筋肉を効果的に動かすことができますよ。入浴中や就寝前などにぜひ取り入れてみてくださいね。

マッサージでさらに効果up

アイクリームを塗って滑りを良くした上で薬指を使ってやさしくマッサージすると、むくみを解消するのも効果的です。

ただし、マッサージによる強い刺激を皮膚に与えてしまうと、さらに小じわを増やす原因になってしまうのです。余計な力はかけず、ハンドプレスでゆっくりと浸透させるような気持ちで保湿することを心がけましょう。

黒クマを隠す方法

保湿の効果が表れるまで待っていられない……!そんな方は、メイク方法の工夫でクマを隠しちゃいましょう。

普段のアイメイクにパール配合のコスメを取り入れれば、パールが光を反射させ、くぼんで影になった目の下に光をあつめ、ふっくらと見せてくれますよ。

コンシーラーを使うときは、さらなる乾燥を防ぐために保湿成分の入ったしっとりタイプのコンシーラーの使用をおすすめします。こんぽ病院で治療を!

根本的に解決するなら美容外科クリニックで治療を

上記の黒クマの解消法を試しても効果がなかったという方は美容医療で治療する方法があります。

黒クマの治療方法は、主に「脱脂術」「ヒアルロン酸注入」「リポトランスファー(脂肪注入)」といった方法です。

目の下に膨らみがある場合は、脱脂術+リポトランスファーが最適です。レーザー治療の手術で脂肪を除去し、再発を予防するためにリポトランスファー(脂肪注入)を組み合わせます。

膨らみがない場合は、ヒアルロン酸注入や脂肪注入で目の下をボリュームアップさせる治療法が最適です。

黒クマ改善でハリのある若々しい目元を取り戻そう!

黒クマの原因は、膨らみやくぼみによって暗い影が出来ていることが原因であることがわかりましたね。どちらの黒クマも原因は違いますが、ハリを失った目もとに再びハリを与えることが重要です。

FGF配合コスメやアイクリームなどのエイジングケア用品を効果的に取り入れて、ピンとハリのある若々しい目元を取り戻しましょう。

また、「スマホをよく見る」「いそがしくてメイクを落とす暇もない」というのは、忙しい現代の女性ならではの問題です。よく笑い・よく人と接して、自分自身に手をかけるゆとりが持てるような生活を心がけることも、黒クマの解消のためには必要なのではないでしょうか?

解消法を試したけど、どれも効果がなかったという方は、医療機関での治療を検討してみましょう。費用はかかりますが、根本的に黒クマを治すことができます。

黒クマの悩みが解決すれば、心身の負担が軽くなり、より明るく生き生きとした肌を取り戻せるように思います。

目元だけでなく生活全体から健康と美容の見直しを行っていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*